■2011年10月31日(Mon)  近所の猫ちゃん
grp1104095743.jpg 180×320 27K森の中にいるように見えますが・・・隣りの家の塀の上に乗っている近所の猫ちゃんです。
ハコスケと同じキジトラ模様の猫。
ちょくちょく顔を出すのはハコスケに挨拶に来ているのかな?

■2011年10月28日(Fri)  ウインズ新橋にて その3 JRA×船橋競馬コラボイベント
grp1029094418.jpg 320×180 21K船橋競馬の場外として全レースが発売されているウインズ新橋。
『JRA×船橋ケイバコラボイベント』を開催しました。
船橋競馬の後半レースと、前々日発売が行なわれていた天皇賞・秋、さらにJBCの予想トークショー。浅野靖典さんと私で盛りだくさんの内容でお届けしました。
集まって下さった皆さん、ありがとうございました!

写真は船橋競馬の場外発売をしている3階フロアの様子。
新橋で、大勢のお客様が船橋競馬を楽しんでいます。

■2011年10月28日(Fri)  ウインズ新橋にて その2 作品の大きさは
grp1029094336.jpg 320×180 22K作品の大きさを紹介するために、私込みでの写真を撮っていただきました。

躍動感溢れる中にも温かみを感じる作品。
これまで中山競馬場でも展示されていたことがあるそうです。

■2011年10月28日(Fri)  ウインズ新橋にて その1 「洋紙による人と馬の創作展」
grp1029094238.jpg 320×180 25K久しぶりに訪れたウインズ新橋。天皇賞の前々日販売が行なわれる金曜日ということもあって、多くのお客様が来場していました。

場内2階で行なわれていた『洋紙による人と馬の創作展』
創作人形作家の高谷義則氏による、洋紙で作成した馬や馬に携わる人をモチーフとした躍動感溢れる作品が展示されていました。

高谷さんご本人に伺ったところ、一つの作品を作るのに一カ月ほどかかるということ。細かいところまで精密に作られています。

■2011年10月26日(Wed)  秋田実さんメモリアル写真展
grp1027125105.jpg 2048×1536 649K美浦トレセンと武田牧場の帰り、船橋競馬場へ。

場内の船橋競馬ミュージアムでは先日亡くなった秋田実元騎手の『秋田実さんメモリアル写真展』が開催されています。

懐かしい現役時代の写真パネルやレース映像。
笑顔が素敵だった秋田さんの様々な思い出が甦ってきます。

メモリアル写真展、年内は開催されているとのこと。
みなさんも秋田さんを偲び、ぜひ足をお運び下さい。

■2011年10月26日(Wed)  宇都宮競馬場のゴール板
grp1027124901.jpg 180×320 24K美浦トレセンの近くにある「武田牧場」
競走馬の育成やトレーニングなどを行なっています。
場内にある1周1200mのダートトラック。
そこになんと、宇都宮競馬場のゴール板が設置されていました。
しかもラチも宇都宮で使っていたものなんだそうです。
意外なところで宇都宮競馬場の名残りに再会することが出来て、嬉しかったです☆

■2011年10月26日(Wed)  美浦トレーニングセンター
grp1027132330.jpg 320×180 21K取材で訪れた美浦トレーニングセンター。
ちょうど天皇賞の追い切りの朝。取材陣も多く賑わっていました。

■2011年10月23日(Sun)  三冠馬とハコスケ
grp1025140412.jpg 180×320 26K新三冠馬とハコスケを並べて記念撮影してみました。

オルフェーヴルにライバル心を燃やし、キリリとした表情のハコスケ。

「なになに、父ステイゴールドは1994年生まれだって?
俺と同じ年じゃないか。オルフェーヴルもまだまだ子供だニャ」
なぁんて言ってます(妄想)


南部杯の日から空欄になっていた日記、お待たせしました。追記して更新しましたので、さかのぼってご覧ください。遅くなってすみませんでした。

■2011年10月23日(Sun)  黄金旅程の金細工
grp1025140335.jpg 320×180 23Kおめでとう、オルフェーヴル!
史上7頭目の三冠馬の誕生。史上初の栗毛の三冠馬です。

父ステイゴールドは本当にドラマチックな競走生活を送り、だからこそ多くの競馬ファンに愛された馬。当時のことを語り出したら止まらないのでここではやめておきますが(^^;)とにかく「あの、ステイゴールドの子が三冠馬になるなんて!」信じられない夢のような話です。
ステイゴールドが種牡馬になれただけでも嬉しかった。産駒がデビューしただけでも嬉しかった。ドリームジャーニーが朝日杯を制し2歳G気鮠,辰浸にはビックリしたし、クランプリ2冠を制した時も感動した。ナカヤマフェスタが凱旋門賞2着になった時も驚いた。
とにかく嬉しい驚きの連続です。

まさか三冠馬の父になるとは!!
雨の目黒記念を勝利して涙していた、当時の私に教えてあげたいです。

黄金旅程の夢の旅路には“三冠馬誕生”という素晴らしい続きがありました。
そしてその物語はまだまだ続いています。
第何部、第何章まで続くのか?長い長い物語になりそうです。
ありがとう、ステイゴールド。ありがとう、ステイの子供たち。
そして本当におめでとう、オルフェーヴル。

■2011年10月22日(Sat)  昨日の菊花賞予想イベント
mb_1022083647.jpg 320×180 27Kしまったあぁぁぁ
控え室でも話が盛り上がり…ゲストの方々と一緒に写真を撮るのを忘れていました(>_<)

昨日新橋ゲートJに来てくださった皆さんどうもありがとうございました!
いつも思うのですがゲートJの予想イベントのお客様はとても真剣にトークを聞いて下さって気持ちが引き締まります。感謝です。

さてここで特別サービス。ゲストの皆さんの印をご紹介しますね(私の印も)

・ドクターコパさん ◎オルフェーヴル○トーセンラー▲サダムパテック△フェイトフルウォー△ウインバリアシオン

・デイリースポーツ小林正明さん ◎オルフェーヴル○トーセンラー▲ショウナンマイティ△ベルシャザール△ウインバリアシオン△ダノンマックイン

・私 ◎オルフェーヴル○フェイトフルウォー▲フレールジャック△サダムパテック△ウインバリアシオン△ダノンマックイン

因みに私の推進理由は…まずステイゴールドの孝行息子たちに◎と○
熊沢騎手とのコンビで阿寒湖特別以降なかなか勝てなかった時代からステイゴールドファンだった身には「あのステイの子がクラシック二冠を取っただけでも感動なのに、三冠馬になるかもしれないなんて!」とその瞬間を思っただけでクラクラするほど嬉しいことなんです。
そしてオルフェーヴルを応援するなら同じ血統背景のフェイトフルウォーももちろん応援しなくちゃ。
フレールジャックは、姉で尻尾がほとんど無いにもかかわらず強かったハルーワスウィートを応援していた理由で。フレールジャックも他の馬たちより尻尾が短めなのを見ると胸がキュンとします。

と…こんな感じで今回の菊花賞は思い入れが強すぎて冷静な分析が出来ていません(^_^;)
明日は「とにかくみんな無事に」そんな母のような気持ちでドキドキしながら中継させていただきます。

■2011年10月21日(Fri)  お知らせです。ギリギリですみません。
本日18時から新橋ゲートJで『菊花賞予想トーク〜三冠クラシック最終戦!〜』を行います。
ゲストはドクターコパこと小林祥晃さんと、デイリースポーツの小林正明さん。
ダブル小林さんのトークで菊花賞はもちろん、明日の富士S、Win5の展望など盛りだくさんです。
もちろん恒例のプレゼントコーナーもあります。
皆さんぜひお越し下さい。

■2011年10月20日(Thu)  まんまる顔
grp1020122826.jpg 180×320 16K「ハコスケは元気ですか?」
競馬場などでお会いする方が、ハコスケ日記で近況を見て心配して声をかけて下さいます。みなさんありがとうございます。

ハコスケ、元気です!
薬を混ぜた食事もきちんと毎日食べて、腎臓の働きを助けるカリカリもちゃんと食べてくれています。
薬が効いているのか(?)毛ツ゛ヤもピカピカです。

■2011年10月17日(Mon)  浦和競馬
grp1020122746.jpg 320×180 16K今日は浦和競馬場へ。
重賞レースも無い平日の競馬場ですが、多くのお客様で賑わっていました。
いいぞいいぞ、浦和競馬☆
何だか自分のことのように嬉しいです。

■2011年10月17日(Mon)  居心地のいい場所
grp1020122659.jpg 320×180 11K家の中で居心地のいい場所を探す天才(?)ハコスケ。
今のお気に入りはここ。クローゼットの中です。
重なった服の上はふかふかで昼寝をするのに最高らしい・・・。

ハコスケの毛が付くのを防ぐため、服の上にタオルを敷き、
いつでも出入り出来るようにクローゼットの扉は開けたままにしています。
過保護だとは思いつつも・・・相手がハコスケでは仕方ありません。

■2011年10月11日(Tue)  ありがとうロックハンドスター 安らかに・・・
grp1020122159.jpg 320×192 25K南部杯に岩手から参戦してくれたロックハンドスター。悲しいことにこれが最期のレースとなってしまいました。
「岩手の星」と名付けられた彼はその名の通りの活躍を見せ、昨年の岩手クラシック三冠を制し、年度代表馬に輝きました。

写真は昨年11月22日水沢・ダービーグランプリを制した時のものです。
三冠馬誕生の瞬間の水沢競馬場のスタンドの大きな歓声と拍手。感動の瞬間に立ち会うことが出来たことは本当に幸せでした。
レース後、口取りに向かう直前のロック。すでに息が入り、とても落ち着いていて、すべてを理解しているような澄んだ瞳が忘れられません。

昨年7月大井のジャパンダートダービーに参戦した時、中央や南関の馬ではなく、実はロックの単勝馬券を買って応援していました。そんなことも今は素敵な思い出です。

人々に感動を与えて風のように駆け抜けていったロックハンドスター。
その競走生活は短かったけれど心に深く残っています。
どうか安らかに。今までありがとう、ロックハンドスター!

■2011年10月10日(Mon)  南部杯デー
grp1020122048.jpg 180×320 31K言葉では語り尽くせない様々な思いがあふれる一日となった南部杯デー。

岩手・盛岡のファンファーレが東京競馬場に響き渡った瞬間、中継スタジオのモニターで見ていた私にもその感動が伝わりました。
岩手のG汽侫.鵐侫 璽譴琶┐起こる満員のスタンドの歓声。
岩手競馬に関係するみなさんの震災後のこれまでの苦労や様々なことを思い、涙があふれそうになりました。
心をひとつにして、変わっていくことが出来たら。どんなに素敵でしょう。
大きな一歩を踏み出したと信じたいと思います。

南部杯。
スタート直後に悲しい出来事が起こってしましましたが、
ゴールを巡る手に汗握る激しい戦いはこれぞG機∩農欧蕕靴ぅ譟璽垢任靴拭接戦を演じたトランセンドとダノンカモン、ありがとう!

岩手競馬の場外発売を行なっている東京競馬場フジビュースタンドの101発売所では盛りだくさんのイベントも行なわれ、本当に多くのお客様で満員だったそうです。

そして東京最終レース終了後の時間に盛岡競馬場で行われた重賞「絆カップ」
なんと、東京競馬場の巨大ターフビジョンにレースが映し出されたそうです。地方競馬の重賞レースをターフビジョンで生中継するなんて画期的なこと。
東京競馬場の嬉しい粋な計らいです。
絆カップを勝利したのは船橋から遠征していたリュウノボーイ。岩手デビュー馬で、しかも父は先日亡くなったサッカーボーイ。まさに不思議な競馬の絆を感じさせてくれる勝利でした。

府中、盛岡、そして全国各地の競馬場がひとつになったこの日の競馬を、決して忘れずに前に進んでいかなくてはと思いました。

■2011年10月08日(Sat)  10月10日は岩手競馬を支援する日
grp1005141857.jpg 320×180 24Kこの3連休は3日間開催。
10日月曜日は岩手競馬を支援する日です。
東京競馬場で行なわれる南部杯!
盛岡競馬場でも重賞・第1回絆カップが行なわれます。
東京で、盛岡で、そして各地の競馬場で岩手に関連した様々なイベントも盛りだくさんです。
中央で、地方で、みなさんそれぞれの場所で競馬を存分に楽しみましょうね。

また9日、10日の「中央競馬全レース中継」では番組中に先週ロケに行った水沢・盛岡・福島のVTR放映もあります。

■2011年10月07日(Fri)  川崎にて スーパージョッキーズトライアル2011 第1ステージ
grp1008132822.jpg 320×180 23K川崎競馬場で『スーパージョッキーズトライアル』の第1ステージが行なわれました。
12月3・4日に阪神競馬場で行われる『ワールドスーパージョッキーズシリーズ』に出場する地方競馬代表騎手の選定を行なうトライアル戦です。
今年の出場メンバーは、
服部茂史騎手(北海道)、村上忍騎手(岩手)、戸崎圭太騎手(大井)、御神本訓史騎手(大井)、 森泰斗騎手(船橋)、今野忠成騎手(川崎)、吉原寛人騎手(金沢)、東川公則騎手(笠松)、岡部誠騎手(愛知)、木村健騎手(兵庫)、三村展久騎手(福山)、赤岡修次騎手(高知)、山口勲騎手(佐賀)、杉村一樹騎手(荒尾) の14名。

第1ステージの2戦を終えての上位は、
1位・戸崎圭太騎手(21点)、2位・村上忍騎手(21点)、3位・吉原寛人騎手(19点)、4位・今野忠成騎手(17点)、5位・御神本訓史騎手(16点)(尚、同点の場合は2戦目の着順が上位の方を優先するとのこと)

この後、第2ステージは10月21日・名古屋競馬場。WSJSへの出場権をかけた最後の戦いが行なわれます!

■2011年10月07日(Fri)  訃報が続く・・・
grp1008122254.jpg 320×180 27Kここ一ヶ月あまりで複数の身近な人とのお別れを経験しました。
親戚、友人、そして秋田実さん。あまりにあっけなく訪れる最期の時。
3月の大震災の際にも思いましたが、変わらない日常など無く、今日と同じ日も無い。毎日をちゃんと生きなくてはいけないと改めて実感しました。
生きている私たちが、無くなった方たちの遺志を継いでいかなくてはと。

サラブレッドの訃報も相次ぎました。
昨年ジャパンカップの日に東京競馬場にやって来たシンボリルドルフ。映像を通して見ても、輝く王者の風格・オーラがすごくて驚愕しました。
きっと彼は自分自身が類い稀な存在であることを知っている。そう思わせる本物のサラブレッドだったと思います。

そして今日、サッカーボーイが亡くなったというニュースが入ってきました。
数年前、牧場で会った時はまだ元気で「まだまだ若い者には負けないよ」と言っているような目が印象的でした。
産駒で種牡馬になったナリタトップロードが先に逝ってしまったことも悔やまれます。

セイウンスカイ、サニーブライアン、サクラバクシンオー、オフサイドトラップ・・・
今年は訃報が多いですね。寂しいです。

■2011年10月04日(Tue)  秋田実さんのご冥福をお祈り申し上げます。
船橋競馬の元騎手で、現在は大井競馬・東京都騎手会の事務局で南関東競馬の騎手たちのために忙しい日々を送っていた秋田実さん。
10月3日、ご病気のためお亡くなりになりました。

現役時代から騎手とファンとのふれあい・交流をとても大切に考えていらっしゃった秋田さんとは、騎手引退後、競馬場のイベント等でなにかにつけてお会いする機会が増えました。
船橋のふれあい広場や大井のイベント、南関東ジョッキーの野球大会、大井の騎手の有志が参加しているドラゴンボート大会などなど、このハコスケ日記でも紹介した様々なイベントで中心人物となってみんなを引っ張っていらっしゃいました。

秋田さんは誰に対してもとても親切で、熱心にいろいろなことを教えて下さる方でした。
また、怪我をした騎手や減量に苦しむ新人騎手たちと一緒に苦しみ乗り越えてくれるような方で…そんな姿を間近に見てきました。
私たちマスコミには取材の手引きなどもして下さり、秋田さんがいなかったら出来なかったこと、実現出来なかったことがたくさんあります。

今年の夏、大井競馬場でハッツオフプロジェクトの帽子販売を行った際には、私たちのブースに顔を出して下さいました。その時にお会いしたファンの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

享年53歳だったとのこと…。
南関東競馬を、地方競馬を心から愛していた秋田実さん。
ご冥福を祈るとともに、今まで本当にありがとうございましたと感謝の気持ちを伝えたいと思います。

■2011年10月04日(Tue)  ひなたぼっこ
mb_1004100309.jpg 180×320 20Kポカポカの窓際でひなたぼっこをすることも、ハコスケの大切なお仕事です。

過去ログ 2004年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年10月 

Copyright (C) Noriko Shoji, All Right Reserved:(RSS)