■2010年11月29日(Mon)  競馬女子会
101129_221938.jpg 640×480 103K競馬関係の現場で働く女性陣。
今日はこのメンバーで集まってお食事&飲み会。
気がねなくワイワイお話をして楽しいひとときを過ごしました。

リフレッシュしてまた明日からまた頑張ろう!
そう思える大切な時間です。

■2010年11月29日(Mon)  怒涛の更新・詳細です。
たまりにたまっていたハコスケ日記。

3日の長編・JBCデーレポート
4日のセガの競馬ゲームの体験取材
13日の横山典弘騎手復帰、そして・・・
14日のスノーフェアリーに降参
18日の東京競馬場の芝コースを1周歩いたレポート
19日の川崎競馬場に平田さんがやってきた
20日の東京競馬場にも平田さんがやってきた
21日の中央競馬中継・ゲストのかぐらが生演奏
25日のJC&WSJSウエルカムパーティー

と、ここまでの日記を更新しました。

さらに、
22日の水沢・ダービーグランプリ☆ロックハンドスター!三冠達成
24日のスマートファルコン強すぎの浦和記念
27日の東京競馬場のWSJSに感激
28日の今年のJC
これらを引き続き更新していきますので、お待ちください(^^)/

■2010年11月28日(Sun)  岡部フロンティア 録音風景
grp1216112016.jpg 768×1024 187K『岡部フロンティア』のナレーション録音風景です。

撮影をしたのは少し前のことなのに、こうやって編集が出来あがったものを見ると、とても懐かしい気持ちになります。

■2010年11月28日(Sun)  今年のジャパンカップ
grp1217134119.jpg 1024×768 221K「ブエナビスタは1位に入線したが、最後の直線コースで急に内側に斜行し、ローズキングダムの走行を妨害、2着に降着」
長い審議の末、以上の結果となった今年のジャパンカップ。

抑え切れないほどの手応えで内に切れ込みながらも伸び、一気に突き抜けたブエナビスタ。降着になってしまったとはいえ、その強さは深く印象付けられました。
そして直線でこれからという時に大きな不利があったにもかかわらず、そこから立て直して最後にはヴィクトワールピサを交わしたローズキングダム。その勝負根性も素晴らしかった。

それぞれの立場で悔しい思いをしたであろうブエナビスタとローズキングダム。
このジャパンカップでの出来事は長い物語の通過点であると信じています。
有馬記念での再戦を楽しみにしたいと思います!

■2010年11月27日(Sat)  ワールドスーパージョッキーズシリーズ at 東京競馬場
grp1217133918.jpg 2144×1424 811K東京競馬場で初めて行われたワールドスーパージョッキーズシリーズ。
イギリスのライアン・ムーア騎手が総合得点33点で優勝、2位はオーストラリアのクレイグ・ウイリアムズ騎手、3位はアイルランドのジョニー・ムルタ騎手でした。
エリザベス女王杯をスノーフェアリーで勝利したのも記憶に新しいムーア騎手。
ここでも大活躍でしたね。

日本勢では初出場の藤岡佑介騎手が4位で最高位。
地方競馬代表・荒尾の杉村一樹騎手は6位。
杉村騎手は最終12Rのナシュワンヒーローで果敢に逃げ、しっかり粘って2着のレース振りが心に残りました。

世界各地の名手が揃って戦うワールドスーパージョッキーズシリーズ。
生で初めての観戦しましたが、騎手の皆さんが真剣に戦いながらも、このシリーズを楽しんでいる様子がとても印象的でした。

■2010年11月26日(Fri)  ただいま怒涛の更新中
grp1126132040.jpg 480×800 93Kハコスケ日記を見て下さっている皆さん、これまで更新が滞っていて本当に申しわけありませんでした。

11月3日(水)JBCデーのレポート(その15まで)から、
徐々にその間の日々の出来事を更新中です。
どうぞお時間のある方はさかのぼってご覧下さい。

実は・・・
11月3日のJBCデー。
「船橋競馬場でJBCが開催される!」と決まってから、その日を待ちに待っていました。
どんな一日になるのか。どんなレースになるのか。
当日の船橋競馬場はどんな雰囲気だろう。
お客様はたくさん来てくれるだろうか。来てくれたお客様は楽しんでくれるだろうか。
いつも親しんでいる競馬場での初めてのJBC。
いつもの空間が、非日常の空間に変わるハレの舞台。
まるで自分のことのように期待と不安でドキドキワクワクしていたんです。

正直に言うと、
そんな一大イベントが無事に終わって・・・すっかり抜け殻になっていました。
脱力して、日記を更新する力がわいてこなかったんです。
ホントすみません(::)

でも、中央競馬では秋のG祇鐇が盛り上がり、
高知からは売店の平田さんが来場!
水沢競馬場ではロックハンドスターの勝利☆岩手の三冠馬誕生の瞬間を目撃し、
私の気持ちもすっかり復活です!
これからはまた頑張って更新していきますね。

とはいえはっきり言ってあまりマメではないので(もう皆さんはご存知と思いますが)
どうぞこれからもゆっくりまったりお付き合い下さい。
よろしくお願いします。

写真は昨日のJC&WSJSウエルカムパーティ会場にあったクリスマスツリーです。

■2010年11月25日(Thu)  その3 岡部幸雄さんとキャッシュ・アスムッセンさんの対談
grp1126155559.jpg 2048×1536 654Kウエルカムパーティーでのスペシャルイベントは、岡部幸雄さんとキャッシュ・アスムッセンさんの対談でした。
司会はおなじみ合田直弘さん。

1981年第1回ジャパンカップをメアジードーツで制したキャッシュ・アスムッセン騎手。
そして第5回ジャパンカップをシンボリルドルフで、第12回ジャパンカップをトウカイテイオウで制し、感動の父子制覇を成し遂げた岡部幸雄騎手。

超豪華な対談です!

アスムッセンさんは「19歳で初来日した時には日本のことは全く知りませんでしたが、日本のお客様が日本の馬を愛していることが強く伝わってきました。
世界各国の競馬にはそれぞれの国のテクニックがある。それを学ぶことが出来るのがジャパンカップのような国際レースのいいところです」と語り、
岡部さんは「ジャパンカップというレースが始まって、人馬ともに世界に名を轟かせている馬と人を生で見ることが出来るというのが本当に嬉しかったです。
ジャパンカップは世界に存在をアピール出来るレース。絶対に乗りたい、勝ちたいと思っていました」と、ジャパンカップというレースの大きさを伝えてくださいました。

■2010年11月25日(Thu)  その2 杉村一樹騎手!
grp1126155123.jpg 2048×1536 658K六本木を彷徨いながら私が緊張して向かっていた場所は・・・
『JC&WSJSウエルカムパーティー』でした。

会場で最初にお会い出来たジョッキーは荒尾の杉村一樹騎手!
優しい素敵な笑顔に心が救われました(*^^*)

杉村騎手は荒尾のリーディングジョッキー。
スーパージョッキーズトライアルでの総合優勝を果たし今年の地方競馬代表騎手になりました。ワールドスーパージョッキーズシリーズには今回初出場です。

杉村騎手の騎手服は胴黄・黒縦縞・袖赤。
スキーキャプテンの社台レースホースの勝負服を参考にして決めたそうで、中央のファンの皆さんには見慣れた勝負服ですよね。

「広い東京コースでの騎乗を楽しみにしています」とおっしゃっていました。

尚、グリーンチャンネルの中継用に荒尾競馬と杉村騎手から「2011年荒尾競馬卓上カレンダー」を提供していただきました!
中央競馬中継をご覧の方にサイン入りで5名様にプレゼントします。
ご希望の方はハガキにご希望のプレゼント名と住所・氏名・年齢・番組の視聴方法・番組へのご意見ご感想をお書きになって、グリーンチャンネルまでご応募ください。
詳しくは今週末の中継をご覧くださいね。

■2010年11月25日(Thu)  その1 東京ミッドタウン
grp1126132803.jpg 800×480 94K今日は東京ミッドタウンに来ています。

六本木・・・。

埼玉県出身で埼玉県で暮らす私にとっては、いつまでたってもそこは大都会。
県民の身では六本木と聞くだけで緊張してしまいます(^^:)

しかもここは東京ミッドタウン。
かなりハードルが高いです。

そしてこれから向かう場所は“ザ・リッツ・カールトン東京”
さらにハードルが高いっっ

迷子にならないように会場に辿り着かなくては(><)

■2010年11月24日(Wed)  浦和記念 スマートファルコン、強い!
grp1217133617.jpg 2048×1536 685K『第31回浦和記念』
単勝1.1倍の圧倒的な1番人気に推されたスマートファルコン。
好スタートから先頭に立つと、直線では後続を突き放して圧勝!
前走のJBCクラシックに続いて強さを見せつけるレースぶりでした。
これで重賞は12勝目。浦和記念は2008年に続く2勝目です。

管理する小崎憲調教師のコメントです。
「前走後はダメージも少なく、中間は調整程度でした。昨年の浦和記念は最初のコーナーでアクシデントがあってダメだったので、そこだけ注意しました。こちらが思っている以上に良かったですね。勝つ時はすべてがうまくいくものです。力を出してくれて良かったと思います。
去年と変わってきた点は、JBCの後にもお話しましたが、精神的な面が一番大きいです。基本的にいつも落ち着いています。丈夫なので大きなトラブルが無い。厩舎でも大人しくて扱いやすく、オンとオフの切り替えが出来る馬です。
今のところ年内は休養する予定です。これからももっともっと強くなってもらいたい。あと5年(!)は頑張ります(笑)」

武豊騎手のコメントです。
「今日は僕は乗っているだけという感じでした。初めて乗って時と比べて前回と今回は馬が違っていました。状態の良さが伝わってきたし、パドックでも落ち着いていました。メンバー的に見てもいいスタートが切れたら先手を取ったほうがいいのかなと思っていました。道中の雰囲気も良かった。
この2戦、この馬の持ち味を活かすことが出来て良かったと思います。いい馬に乗せてもらえました」

そして勝利ジョッキーインタビューの最後に“今年も残り少なくなりましたがファンの皆さんにメッセージを”という司会者の質問に
「いえ、残り少ないと思っていませんので、まだまだ頑張ります!」
と自身の年内の活躍を宣言し、ファンのみなさんを大いにわかせていました。
やはり、恐るべし、武豊騎手。

それにしれもスマートファルコン、強すぎでした。

■2010年11月22日(Mon)  水沢・ダービーグランプリデー その17 集合写真
P1200801.JPG 2048×1536 1367K水沢のダービーグランプリデーを盛り上げた皆さんと記念撮影。

“岩手の競馬は熱い”です。

岩手の星が本当にスターに、3冠馬になったこの日、
素晴らしい時間をありがとうございました!

■2010年11月22日(Mon)  水沢・ダービーグランプリデー その16 素晴らしい笑顔・菅原勲騎手
grp1217132843.jpg 480×800 118K見てください、菅原勲騎手のこの素晴らしい笑顔!

「地元の利もあるけれど、他地区の強豪馬たちとはやってみないとわからないと思っていました。
この馬も(遠征をして)もまれてきたので力をつけていますね。
勝つことが出来て、ホッとしています」

3冠馬に導いたジョッキーの重圧。それは言葉では表せないものでしょう。
勝利を手にして心からホッとした輝く笑顔☆

本当におめでとうございます!

■2010年11月22日(Mon)  水沢・ダービーグランプリデー その15 勝者の肩掛け
grp1217132748.jpg 800×480 87Kレース後のこの落ち着いたたたずまい。
自分が今何をしてきたのか理解しているかのような雰囲気。
どこかで見たことがあるなぁ・・・と思って考えてみると、
船橋のセレンが重賞を勝った後の様子に似ていると気が付きました。

そう、ロックハンドスターもセレンも父は同じマーベラスサンデー。
マーベラスサンデーもこんな感じの馬だったのかな?
と、ひとり楽しい妄想をしていました。

それにしても、3歳とは思えない落ち着き。
すごく頭のいい馬なんでしょうね。
口取りの様子を見ながらもさらに感動しました。

■2010年11月22日(Mon)  水沢・ダービーグランプリデー その14 なでなで
grp1217132655.jpg 800×480 83Kレースを終えて検量室前に戻ってきたロックハンドスター。
厩務員さんに優しく顔をなでてもらっています。
ついさっきまで激しい戦いをしていたとは思えない穏やかな祝福の時。
ロックハンドスター自身もすでに息が入って落ち着いていてビックリ!
さすがは3冠馬。トップホースは本当に息の入りが早くて凄いなと感心します。

■2010年11月22日(Mon)  水沢・ダービーグランプリデー その13 栄光のゴール!
grp1217132603.jpg 2048×1536 657Kレースは3コーナーで早めに先頭に立った金沢のナムラアンカーを、ロックハンドスターが直線で豪快に差し切り快勝!
岩手の3歳3冠ホースに輝きました☆☆☆

最後の直線でスタンドに沸き起こる大歓声。
集まった大勢のファンの皆さんが大きな声でロックハンドスターを応援していました。ゴールの瞬間には涙を流している方も。
声援に応えるように鞍上・菅原勲騎手も大きくガッツポーズ。

3冠馬誕生の瞬間。
背筋がぞくぞくしました。
今この時、この場所でレースを見ることが出来て良かった!

おめでとう、岩手のみなさん!
おめでとう、ロックハンドスター!

■2010年11月22日(Mon)  水沢・ダービーグランプリデー その12 ロックハンドスター!
grp1217132502.jpg 2048×1536 655K地元の期待を一身に集めるロックハンドスター。
岩手ダービー、不来方賞を制し、ダービーグランプリを勝てば3冠達成です。

落ち着いて周回するパドック。
赤いメンコには“Rock Hand Star”の文字が!

Rock 岩
Hand 手
Star 星

岩手の星、ロックハンドスター。
その名の通り岩手の星に!!

■2010年11月22日(Mon)  水沢・ダービーグランプリデー その11 リュウノボーイ
grp1217132357.jpg 2048×1536 661K南関東勢もう1頭は船橋のリュウノボーイ。
盛岡デビューで芝の新馬戦を勝ち、船橋に転入後も門別の北海優駿3着、盛岡のオパール賞(芝の重賞)を勝利するなど遠征経験も豊富です。

堅実にはしるリュウノボーイ、今回は4着。
これからも頑張れ!

ダービーグランプリには兵庫ダービー馬ハイパーフォルテ、金沢のダービーグランプリ指定競走・サラブレッド大賞典で2着に2秒差(!)をつけたナムラアンカーらが出走していました。

■2010年11月22日(Mon)  水沢・ダービーグランプリデー その10 ウインクゴールド
grp1217132257.jpg 2048×1536 662K今年最初の浦和の重賞・ニューイヤーカップを制した船橋のウインクゴールド。
元紀三井寺競馬の騎手だった矢野義幸調教師の管理馬。
熱心なタイガースファンでもある矢野調教師。厩舎の所属馬はご覧のタイガースメンコを付けています。
遠く離れた水沢競馬場でこの虎メンコを見ることが出来るなんて、嬉しくなってしまいます(^^)

「先行して競馬がしたい」と事前に伺っていましたが、レースは中団からの競馬となり5着。
「スタートでよれて落ちそうになってしまった」と鞍上・的場文男騎手。
力を全部出せないままの印象でした(;;)
こちらもまた改めて応援します!

■2010年11月22日(Mon)  水沢・ダービーグランプリデー その9 シーズザゴールド
grp1217132156.jpg 2048×1536 668K今回のダービーグランプリには南関東から3頭が遠征。
まずは羽田盃馬・シーズザゴールドです。

ホッカイドウ競馬でデビュー後、大井へ転入しました。
今年南関東で行われた3歳の重賞は羽田盃・東京ダービー・ジャパンダートダービーの3冠レースをはじめ、京浜盃・黒潮盃も含めてほとんど違う馬が勝利しています。条件ひとつで着順は入れ替わり、重賞クラスの馬たちの力は拮抗している印象です。
しかしその中でも最も安定した成績を残しているのがシーズザゴールド。
この日も1番人気に推されました。

レースはスタートが悪く後方からの競馬に・・・。徐々に追い上げたものの3着まで。スタートでの遅れが最後まで響いてしまった形になってしまいました。
今回は5ヶ月半の休養明けで遠征競馬。また改めての機会に注目したいですね!

■2010年11月22日(Mon)  水沢・ダービーグランプリデー その8 手書きの出馬表
grp1217132036.jpg 2048×1536 649Kパドックの馬名表示板はご覧のとおり手書きです。

今はほとんどの競馬場が電光掲示版に変わってしまいましたが、やっぱり手書きの文字には温かみが感じられますね。

そういえば少し(?!)前までは浦和も手書きだったなぁ。
と、懐かしく思い出しました。

さあ、いよいよ本日の10R『ダービーグランプリ』です!

■2010年11月22日(Mon)  水沢・ダービーグランプリデー その7 ふじポンと古谷さん
grp1217131900.jpg 480×800 73Kトークイベントの合間にステージの上で(!)今川焼きを食べる古谷さんと、
その様子を写真に撮るふじポン。

古谷さんが手にしている今川焼きの袋が、なぜか“正露丸”の袋・・・。

今川焼き屋さん、どうして?!

■2010年11月22日(Mon)  水沢・ダービーグランプリデー その6 トークイベント
P1200650.JPG 2048×1536 1270Kパドック手前の特設会場で行われた『ダービーグランプリ・予想トークショー』に出演させていただきました。

向かって右からふじポン、松尾康司さん、古谷剛彦さん、六車奈々さん、私、エフエム岩手の加藤アナウンサー、競馬組合の斉藤さん。

岩手でお馴染みの皆さんに混じってワイワイと楽しく予想を披露しました(^^)

■2010年11月22日(Mon)  水沢・ダービーグランプリデー その5 生どら
grp1217130342.jpg 1024×768 227K場内で売っていた“生どら”
その場で焼いたどら焼きの皮に生クリームとあんこを挟んでくれます。

温かいどらやき、美味しかったですよ〜\(^o^)/

■2010年11月22日(Mon)  水沢・ダービーグランプリデー その4 トレジャースマイル
grp1217130126.jpg 480×640 82Kこの日の3レースに出走していたトレジャースマイル!
額の星が綺麗なハートマークということで、デビュー当時から話題になりましたね。
2005年生まれ、父オースミタイクーン、母オンワードレベッカの牝馬。
もう5歳になったんですね。
頭に付けられたピンクのリボンが可愛い(*^^*)

場内には『宝(トレジャー)神社』という彼女にちなんだ神社もありました。

■2010年11月22日(Mon)  水沢・ダービーグランプリデー その3 スタンド
grp1217125004.jpg 1024×768 224Kこちらが水沢競馬場のスタンド。
昭和の雰囲気が残るレトロな建物。
初めて訪れる人も、どこか懐かしい気持ちになる、居心地のいい競馬場です。

■2010年11月22日(Mon)  水沢・ダービーグランプリデー その2 美しいコース
grp1217124426.jpg 1024×768 232K水沢競馬場は美しい大自然に囲まれています。
遠くに見える山々。
そして向こう正面のコース沿いには桜並木が!

桜の季節、満開の時にまたぜひ来てみたいなぁと思いました。

■2010年11月22日(Mon)  水沢・ダービーグランプリデー その1 入場門
grp1217124233.jpg 1024×768 227K今年から地方交流戦となって3年ぶりに復活した『第23回ダービーグランプリ』
中央交流時代にはレギュラーメンバー、ゴールドアリュール、ユートピア、カネヒキリらが勝利した歴史あるレース。
形を変えてとはいえ、その復活は本当に嬉しいことです。
今回も全国の競馬場から3歳の精鋭たちが大集合。
楽しみな一日になりそうです!

■2010年11月21日(Sun)  スタジオに『かぐら』がやってきた!その2
grp1129121026.jpg 640×480 90K「線香花火」をスタジオで生演奏してくださいました。

横笛の音色とどこか懐かしいメロディ。
そして歌詞の言葉も
「言葉にならない愛しい時よ 君に触れていた甘く安らぎの時
 別れの泪は終わりじゃなくて 新しい世界 動き始める息吹」
と、在来馬たちとの出会い・ふれ合い、キラキラ輝く時を彷彿させる、
とても素敵な曲です。

かぐらのお二人、ありがとうございました!

■2010年11月21日(Sun)  スタジオに『かぐら』がやってきた!その1
grp1129120933.jpg 1024×768 248K『岡部フロンティアNIPPON馬紀行』今年のシリーズのエンディングテーマ「線香花火」と、挿入歌「スピードスター」を歌ってくださっている『かぐら』が中央競馬中継EASTのゲストとして出演してくださいました!

かぐらは、茨城県出身で祭囃子の和楽器の演奏者でもある、
関隆浩(せきたかひろ)さん(ボーカル&ギター&横笛・写真向かって右側)
飯嶋康平(いいじまこうへい)さん(ボーカル&ピアノ&横笛・写真左側)
の二人組。

関さんはナリタブライアン・ビワハヤヒデの時代に競馬をよく見ていたということで岡部幸雄さんが出演されている『岡部フロンティア』のテーマソングに決った時、とても嬉しかったとおっしゃっていました。

■2010年11月20日(Sat)  府中でナマステ〜
grp1126152914.jpg 1024×768 231K競馬場の帰りには府中でお食事会。
平田さんを囲んで、ネパール料理でした。

ネパール料理って?
インド料理とほぼ同じ感じで、スパイシー。
何を注文してもぜ〜んぶ美味しかったですよ。
写真はタンドリー盛り合わせです。

高知競馬で知り合った平田さん。
競馬が、馬が、人と人を繋ぐ素敵な出会いに乾杯!

■2010年11月20日(Sat)  府中にも平田さんがやってきた!
grp1126152851.jpg 1024×768 223K昨夜の川崎に続いて、今日は東京競馬場へ。
初めて東京競馬場にやってきた平田さん。
その広さに大感激していました。
初めての競馬場って興奮しますよね☆
そんな姿を見ると、嬉しくなっちゃいます。

私も今日はプライペートで競馬を堪能。楽しい一日でした。

■2010年11月19日(Fri)  川崎にてその8 額にもにんじんが☆
grp1126203406.jpg 1536×2048 597K耳あてもオレンジ色。

そして、額の上にはにんじんの飾りが!!

わああ。

ハートをわし掴みです!

■2010年11月19日(Fri)  川崎にてその7 誘導馬 にんじんコスプレ
grp1126203324.jpg 2048×1536 660K恒例の川崎競馬場の誘導馬のオシャレ。

見て下さい、にんじんのコスプレです!

オレンジの胴に、尻尾のところに葉っぱの緑が。

かっ、かわいいっ(*^^*)

■2010年11月19日(Fri)  川崎にてその6 私もサイン会に並びました
grp1126203218.jpg 2048×1536 646K思わず私も行列に並んで、3人のサインをいただきました。
やった \(^^)/

売れ行きも良好で、赤見さんはじめ皆さん喜んでましたよ。

『優駿の門 アスミ』
とっても楽しく、時に感動する素敵な作品です。
さすが、元騎手の赤見さん☆
ジョッキー経験者ならではの細やかな目線が作品の隅々に光っています。
皆さんもぜひ読んでみて下さい。

■2010年11月19日(Fri)  川崎にてその5 『優駿の門 アスミ』サイン会
grp1126203123.jpg 2048×1536 654Kトークイベントの後には『優駿の門 アスミ』のサイン会。

プレイコミックで連載されているこの作品の単行本第1巻が発売されたのを記念して行われました。

赤見さん、早川さんに、監修のやまさき拓味先生も加わって、
超豪華なサイン会です!!

■2010年11月19日(Fri)  川崎にてその4 8R『優駿の門 アスミ賞』
grp1126202139.jpg 1536×2048 604Kそしてこの日の8Rは『優駿の門 アスミ賞』

人気競馬漫画・優駿の門の女性版・アスミ。
原作者は赤見千尋さん!

作画の早川恵子さん、司会の原山実子さんと3人でトークイベントがありました。

『優駿の門 アスミ』の舞台は“神奈川競馬場”
架空の競馬場ですが、そのモデルはもちろん川崎競馬場なんです。
漫画の中に出てくる風景は川崎競馬場そのもの!
小向トレーニングセンターも舞台になっています。

漫画誕生の秘話や裏話など、楽しいお話をたくさん聞くことが出来ました。

■2010年11月19日(Fri)  川崎にてその3 平田さんと口取り写真
grp1126152344.jpg 2048×1536 649K6R『高知競馬「売店の平田さん」ご来場記念』を制したのは、
アンビションガル。鞍上は坂井英光騎手。

坂井英光騎手の隣りにいるのが平田さんです。
浅野靖典さん、井上オークスさんと一緒に私も口取りに参加させて下さいました。
貴重な体験です。ありがとう☆平田さん!

■2010年11月19日(Fri)  川崎にてその2 平田さん興奮
grp1126151839.jpg 2048×1536 668K6R『高知競馬「売店の平田さん」ご来場記念』を見つめる平田さん。

的場文男ファンの彼女は検量室前で的場騎手を見かけただけで「文男や、文男や」とドキドキ興奮の様子。
「携帯で写真取ってたら迷惑やろうか?」と不安を口にしてオロオロ挙動不審に。可愛いひとです(*^^*)

馬と騎手が目の前を駆け抜ける時、「ふみお〜〜〜!」
と叫んでいました。

■2010年11月19日(Fri)  川崎にてその1 川崎競馬場に『売店の平田さん』がやって来た!
grp1126151721.jpg 768×1024 174K高知競馬のオフィシャルサイトで『売店の平田さん』というブログをやっている平田さん。http://www.keiba.or.jp/column/hirata/diary.cgi
高知競馬の場外発売所パルス高知の4階売店で働いている女性です。
ブログは高知でも発売している南関東競馬の話題も盛りだくさん。
文章も楽しく、とても面白いんですよ。

高知にお邪魔した際にと〜ってもお世話になり、一緒にお酒を飲み、深く楽しく語りあった平田さん。
素敵な女性で、私の大好きな人です(と、愛の告白❤)

その平田さんが高知から川崎にやってきました。
なんとこの日の6Rは『高知競馬「売店の平田さん」ご来場記念』です!!

■2010年11月18日(Thu)  平日の東京競馬場その7 競馬博物館の猫ちゃん
grp1126141342.jpg 1024×768 225K最後に東門近くにある競馬博物館を見学。

博物館の外にいた猫ちゃんです。

競馬場で暮らしている猫ちゃん。博物館の人に可愛がってもらっているようです。

■2010年11月18日(Thu)  平日の東京競馬場その6 走路塔の上から
grp1126141229.jpg 768×1024 178K走路塔の上に昇らせていただきました。
高い!
階段では足がすくみました。
上からの眺めはご覧のとおり。

直線から1コーナーまで一望出来ます。

芝コースは1周するのに歩いて約50分かかりました。
実際に自分の足で歩いてみると、とてもクッションが効いています。
これは、一見すると茶色くなっている内側も野芝がしっかり根をはっているからだそうです。
茶色い部分を見るとつい「荒れてる」と思いがちですが、それは洋芝が枯れているからで、その下の野芝は冬でもしっかりしていました。

■2010年11月18日(Thu)  平日の東京競馬場その5 走路塔
grp1126141204.jpg 768×1024 180Kコース脇にそびえ立つ“走路塔”
高さは20mあるそうです。

走路監視業務は、広い意味でのコースの監視を行います。
芝用とダート用があって、担当者はレース毎に昇り降りしないといけないそうです。
「雨の日も困るけど、雪の時は滑って怖い。でも雷が1番怖いですね。
タワーからはゼッケンが見えないので、帽子の色と服色で判断します。レース毎に出走表に色鉛筆で色塗りをします。実況アナウンサーと同じですね。でも天気が悪い時は見分けるのが難しいです」
と、とても大変なお仕事。

競馬場では、こうやって様々な場所でレースを支えている人々が働いているんだなぁと実感しました。

■2010年11月18日(Thu)  平日の東京競馬場その4 悲しい思い出の場所
grp1126141118.jpg 1024×768 221Kここは3、4コーナーの中間地点。

あの日、サイレンススズカが止まってしまった場所。

起きてはいけないことが起きてしまった場所。

下馬した武豊騎手と脚を痛めたサイレンススズカがここに立っている悲しい姿は今でも目に焼き付いて離れません。

サイレンススズカと、そしてこのコースで散っていった馬たちのために、
コースにそっと手を合わせました。

■2010年11月18日(Thu)  平日の東京競馬場その3 向こう正面
grp1126141024.jpg 1024×768 225K向こう正面を3コーナーから振り返って見た景色です。

空の青と、芝の緑。
そして紅葉した木々。
芝の香り。

ここを先頭で駆け抜けたら気持ちいいだろうな。

馬と一緒に駆ける。

ジョッキーがうらやましくなりました。

■2010年11月18日(Thu)  平日の東京競馬場その2 ダート1600mスタート地点
grp1126140948.jpg 1024×768 234Kこちらは2コーナー付近にあるダート1600mコースのスタート地点。
以前よりコースの外側に移設されて、内枠からでもまっすぐダートコースに入ることが出来るようになったそうです。

それにしてもスタート地点から芝部分を意外と長く走るなぁという印象。
これは馬によっては得意・不得意がありそうです。
改めて馬券検討の際に考慮しなくては。

■2010年11月18日(Thu)  平日の東京競馬場その1 芝コースに立つ
grp1126140854.jpg 1024×768 229K競馬の仕事に携わる女性たちの集まり女性競馬ジャーナリストクラブの研究会が東京競馬場で行われました。
今回は造園課の方の解説付きで東京芝コースを実際に歩く体験と、走路塔の見学会です。

写真はゴール板付近から見た直線コース。
やっぱり東京競馬場は広々としていて気持ちいい!

東京開催終わりの馬場開放で、以前、直線部分は歩いたことはありましたが、芝コースの1周は初めて。楽しみです。

■2010年11月16日(Tue)  日だまりの中
grp1117150843.jpg 800×480 121Kポカポカ。
ハコスケはお気に入りの場所を見つける天才です。

■2010年11月14日(Sun)  スノーフェアリー圧勝!
grp1117151450.jpg 1024×768 220Kスノーフェアリー、強かったあああぁぁぁ!!

エリザベス女王杯で初の外国馬による勝利。
直線抜け出す時のあの脚、スピード。
度肝を抜かれました。

30年前・・・ジャパンカップ創設当時の競馬ファンの皆さんも、
こんなふうに日本馬が負けるレースを目の当たりにして、
「うわああ、かなわない」
と、衝撃を受けたのでしょうか?!

当時のショックを実際に知る方からは、「いや、もっと衝撃だったよ」と言われてしまうかもしれませんが、本当に“お手上げ”のレースでした。
スノーフェアリー&ライアン・ムーア騎手、お見事でした☆

■2010年11月13日(Sat)  典さん、お帰りなさい。
grp1117151331.jpg 640×480 90K怪我からレースに復帰した横山典弘騎手。
最初のレースはこの日の第1レース。
パドックにはたくさんの『おかえり』の横断幕も。
集まったファンの方からも「おかえりなさい!」と声が掛っていました。

ところが・・・
復帰2戦目の8レースでまさかの降着・4日間の騎乗停止処分が下され、
27日のWSJSへの参加も不可能となってしましました(;;)
「(怪我から)戻るのも早かったけど、休むのも早かったな。もう少し休んでいろってことだよ」
と、御本人はサバサバとおっしゃっていたそうですが、さぞ無念だったことでしょう。

典さんのいる競馬場はやっぱりいいなぁ☆
と、復帰戦を見て改めて実感しました。
体を大切に、無事に。12月に戻ってくる横山騎手を心待ちにしています!

■2010年11月06日(Sat)  またしても、やっぱりハコスケ
grp1117150405.jpg 240×320 20Kハコスケ・・・
箱、筒状のもの、紙袋の中などなど
ハコスケの好きなお気に入りの場所です(^^)

■2010年11月04日(Thu)  スターホース2
grp1117151219.jpg 1024×768 226KSEGAの競馬ゲーム「スターホース2」の取材で代々木のゲームセンターに行ってきました。
ゲームセンターは久しぶり。かな〜り昔に競馬ゲームをやったことはありますが、その進歩に本当にびっくりしました!
レースはすべて実名馬で、迫力あるリアルな画面にも感動。
実際の競馬を知っていればいるほど楽しめるゲームでした。

この時の様子は『うまレター12月号』に掲載されますので、ぜひご覧ください。

■2010年11月03日(Wed)  船橋JBCデーその15 お疲れさまでした!
2010110319020000.jpg 640×480 85K船橋でのイベントに参加したみなさんとのお疲れさま会に参加させていただきました。

夢にまで見た船橋のJBCデー。
待ちに待った船橋のJBCデー。

その一日が終わろうとしています。

文化祭が終わったあとのように、楽しい夏休みが終わったあとのように
ちょっとぼ〜っとしていた私でした。

■2010年11月03日(Wed)  船橋JBCデーその14 平和賞・ヴァインバッハ
grp1126120658.jpg 2144×1424 804Kヴァインバッハは父アグネスタキオン、母ドメーヌの2歳牝馬。
女の子です!
船橋・出川克己厩舎所属でデビュー戦では2着、2戦目の今回が初勝利で初重賞制覇でした。
鞍上・石崎駿騎手のコメントです。
「(今回初コンビ)調教で乗ったことがあるのでそれなりのクセはわかっていました。新馬戦を見て、砂を被って嫌がるところがあるなっていうのはわかっていましたので、馬がうまく我慢してくれればいいなと思っていました。(スタートして)砂を被って行きっぷりがあまりよくなかったので、手ごたえの無い中での追走になりました。直線入り口でもまだ馬が行く気になっていなくて。最後の残りひとハロンぐらいのところで内に入れて、それで砂が飛んで来なくなったので、やっと馬もやる気になってくれた感じでした。そこからの脚はすごかったですね。
距離はこなせると思うんですが、気性的に子供な面があって、そのへんが改善していってくれればもっといいかなと思います。今日は勝てて良かったです。これからも応援よろしくお願いします」

続いて出川克己調教師のコメントです。
「すんなり砂を被らない位置で行けたらと思っていましたが、思ったよりも後ろに。でもあれで来られるんだから能力が高いと思います。直線入り口ではちょっと足りないかなという感じでしたが、またそこからいい脚色でしたよね。2戦目とは思えない。びっくりしました。長年やっていてもね、こういうのはびっくりしますね。距離はこれ以上のびるのはどうかなと思うんですけど、走ることに対しては能力が高いですから南関東だけを視野に入れないように考えています。ただ、一所懸命に走りすぎるところがあるので、オーバーワークにならないようにしたいですね。たくさん数は使わないで狙って取りたいなと思います」
またまた楽しみな牝馬の誕生です。

■2010年11月03日(Wed)  船橋JBCデーその13 平和賞・ゴール
grp1126120309.jpg 2144×1424 804KJBCデー最終11Rは全日本2歳優駿トライアル・2歳重賞『第56回平和賞』です!
ヴァインバッハが道中やや後方追走から直線で最内を鋭く突いて伸び、勝利!
1馬身差の2着は外から追い込んで来たホッカイドウ競馬のドラゴンウィスカー。3着もホッカイドウ競馬のスクランブルエッグでした。

■2010年11月03日(Wed)  船橋JBCデーその12 戦いを終えて
grp1126120058.jpg 2144×1424 831K写真はレース後の検量を終えて、自厩舎へ戻る途中のフリオーソです。
メンコの下にの可愛い素顔を見せてくれました。
今回は残念でしたが、本当によく頑張りました。お疲れ様。
これからも応援するからね!

■2010年11月03日(Wed)  船橋JBCデーその11 JBCクラシック・2着フリオーソ
grp1126115103.jpg 2144×1424 808Kそしてフリオーソは残念ながら2着に・・・。
鞍上・戸崎圭太騎手は「前走と雰囲気は変わらなかったけど、行きっぷりが悪かった」
川島正行調教師も「ジョッキーが跨ってからの反応がいまひとつだった」と、ショックを隠しきれない様子でした。
万全な状態を保ち続けることの難しさ。そして勝負の厳しさ。
これまでのいろいろなことが思い出され、私もその結果にしばらく立ちすくんでしまいました。

でもでも、
それでもちゃんと2着に来たフリオーソ。よく頑張りました!

■2010年11月03日(Wed)  船橋JBCデーその10 JBCクラシック・スマートファルコン
grp1126114519.jpg 1424×2144 797K武豊騎手のコメントです。
「非常に嬉しいですね。先手を取る形は狙っていました。前走(日本テレビ盃)同じ競馬場・同じ距離で斤量ももらって(フリオーソに)完敗しているだけに同じレースはしたくないと思っていたので、思い切って乗ってみようかなと。前走と同じ形じゃ、今度は2キロ差も無くなって逆転は難しいだろうと思っていました。何か変えなくちゃなと。
1コーナーに入る時もいい感じでしたし、向こう正面に入ったら折り合いもついて、いい走りだなあと思って乗っていました。マイペースで後ろを気にせず馬が気分良く走ってくれたので、ある程度粘ってくれると思っていたんですけど、まあ強かったですね。
走る能力はあるし、スピードもある。まだ気性面で難しいところがあるみたいですが、今日みたいに自分の形で気分良く走れば能力がありますね。
今日は僕自身も4連覇出来て非常に嬉しいです。来年は5連覇目指して頑張りたいと思います」
さらに、
「厩舎も初G祇覇。今日は戸崎じゃなくて小崎でしたね(笑)」
と、ジョークで周囲を和ませていました。
う〜ん、一本取られた(^^;)さすが武豊騎手。やはり、おそるべし。

続いて小崎憲調教師のコメントです。
「ジョッキーが今回は2回目でしたので、作戦を練りながらレースに挑んだんですけど、ホント、バッチリはまりましたね。
前走後目標をここに置いて、仕上がりには自信を持っていました。今日負けたらしょうがないと思うぐらいでした。
以前と比べて変わってきたところは、精神的に成長したというか、年齢を重ねたというのもあると思うんですけど、普段の調教もしやすくなりましたね。
今日は出し気味に行ってみようとジョッキーと話していたので『行ったな』と(笑)
次走は馬の様子を見ながら、休めてから決めたいと思います。
やっとGIを勝つことが出来ました。今日ご覧になって改めてファルコンの強さを感じてもらったと思います。まだ5歳ですので、これからまだまだ伸びしろがあると思いますので、これからも応援して下さい。お願いします!」
はい(><)本当に今回スマートファルコンの強さを改めて感じました。おめでとうございました!

■2010年11月03日(Wed)  船橋JBCデーその9 JBCクラシック・おめでとう!
grp1126114044.jpg 2144×1424 748Kスマートファルコンは今年5月のさきたま杯(交流GIII)に続いて重賞通算11勝目。交流G気禄蘋覇です。
鞍上・武豊騎手は2005年タイムパラドックス、2007〜09年にヴァーミリアンでこのレースを制し、これでJBCクラシック通算5勝、4連覇を達成!
さらに、今回の勝利で武豊騎手はダートグレードレース通算100勝も達成しました。
「地方所属馬初のJBCクラシック制覇なるか?」とフリオーソに期待が集まりましたが、大きな壁として立ちはだかったのはまたしても武豊騎手でした。おそるべし。

■2010年11月03日(Wed)  船橋JBCデーその8 JBCクラシック・ゴール
grp1126111120.jpg 2144×1424 806K4番人気だったスマートファルコンがスタート直後から先頭に立つと、直線で他馬との差を大きく広げて、こちらも圧勝劇。強かった〜!
1番人気に推された地元船橋・期待のフリオーソは7馬身の2着。
3着はアドマイヤスバルでした。

■2010年11月03日(Wed)  船橋JBCデーその7 JBCスプリント・サマーウインド
grp1126110645.jpg 2144×1424 786K藤岡佑介騎手のコメントです。
「ホッとしました。スタートはいつも速くないのですが、今日はここ1番のスタートを切ってくれました。手応えもかなり良く最後までスピードが落ちなかった。後ろとの距離もかなり離れてましたし、気持ちよかったですね。非常に落ち着きもあって、かわいい馬です。今日も強いサマーウインドを見せられてよかったです。これからも応援よろしくお願いします」

続いて庄野靖志調教師のコメントです。
「『いつも通り』それだけの指示でした。ゲートをうまく出てくれたのでホッとしました。1000mということで、馬のスピードを充分に活かすことができましたね。道中かなり飛ばしてましたから、最後止まらないことだけを祈ってました。今後についてはオーナーと相談し、1回疲れを取ってあげたいです」

おめでとうございました!

■2010年11月03日(Wed)  船橋JBCデーその6 JBCスプリント・おめでとう
grp1126110155.jpg 2144×1424 810Kサマーウインドは盛岡・クラスターカップ(交流GIII)大井・東京盃(交流GII)に続く重賞3連勝で、交流G欺蘋覇!

鞍上の藤岡佑介騎手、庄野靖志調教師も嬉しい初のG祇覇。
レース後、抱き合って喜びを分かち合うお二人です。

■2010年11月03日(Wed)  船橋JBCデーその5 JBCスプリント・ゴール
grp1126105802.jpg 2144×1424 798K圧倒的な1番人気(単勝1.2倍)に推されたサマーウインド。
好スタートからハナに立つと直線では後続を突き放して逃げ切り。
圧勝です!
4馬身差の2着はナイキマドリード、3着はミリオンディスクでした。

■2010年11月03日(Wed)  船橋JBCデーその4 スタンドもいっぱい!
grp1126105305.jpg 2144×1424 809KJBCスプリント発走前のスタンドの様子です。

この日の入場者数は3万109人で、過去の最高記録1989年の3万21人を抜くレコードだったそうです。

“初めてJBCが開催される競馬場”ならではのこのワクワクした高揚感。
みんなのワクワクが一つになった素敵な空間。
自分もその場所にいる幸せを噛みしめていました☆

■2010年11月03日(Wed)  船橋JBCデーその3 イベントに飛び入り
2010113.jpg 320×240 28Kイベントカーで行われていたFUNA1メンバーのトークショーに飛び入り参加☆
土曜日の朝に取材した、JBCに出走する船橋勢の追い切り情報をステージで紹介させていただきました。

写真向かって右から竹山まゆみさん、長谷川麻衣さん、岡部玲子さん(ママになった玲子ちゃんの復帰ステージ!)、鈴木淑子さん、六車奈々さん、私、須田鷹雄さん。
皆さんどうもありがとうございました!

■2010年11月03日(Wed)  船橋JBCデーその2 人・人・人!
grp1126102749.jpg 1024×768 223K12時20分、5レースの時点ですでにゴール前はこの人だかり!

嬉しいです(*^^*)

■2010年11月03日(Wed)  船橋JBCデーその1 ついにこの日がやってきました!
mb_1103112328.jpg 320×240 26K素晴らしいお天気に恵まれました、JBCデー。
午前中から大勢のお客様が詰め掛けています。

まさに“競馬の祭典”

ここにいるだけで心が躍ります☆

過去ログ 2004年07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2006年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2007年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2010年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年10月 

Copyright (C) Noriko Shoji, All Right Reserved:(RSS)